他のアカウント

Twitter
2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

広告




相互リンク

無料ブログはココログ

« ブレードランナーがブルーレイででるかも。 | トップページ | ストリーム車中泊考察 »

2007年8月18日 (土)

北海道車中泊の旅④

では第四日目(8月14日)。

道の駅なとわ・えさんでの車中泊も終了し。例によって朝方起きてみると、建物のすぐ裏手が砂浜になっています。

夜明け前。
550uz_227

夜明け。
550uz_259

きれいですねぇ。ここでも車中泊の車が何台かあり。またキャンプ場も隣接しており、テントが結構張られていました。

てな感じで当日のプランを考えつつ。まずは朝マックか。と言うわけで24h営業のマックを検索し、函館鍛治店へ。

で、入ってみると、BBモバイルポイントに対応してるじゃないすか。というわけで、パソコン出すのめんどいので、PSPでネット接続することに。夏休み準備にコメントしたのはこのときです。

ホントはここで、ロケフリで録画しておいた番組を見たかったんですが、なぜか繋がらず。設定しなおすの忘れてたか?

しょうがないので、次の目的地大沼公園へ。550uz_261
550uz_265
550uz_272

奥に見えるのは駒ヶ岳です。
550uz_281

きれいですねぇ。涼しげな写真を選んで載せてますが、めちゃめちゃ暑かったんですよ。またもやソフトクリームを食す。メロンとバニラのミックス。

で、次は五稜郭公園を目指しますが、駐車場は無いようなので、函館駅まで戻ってきて、昨日も使った駅の近くの駐車場に車をおいて。

で何で移動するかというと、市電(路面電車)。路面電車って乗ったこと無いので乗ってみたかったんですよ。

T30_194
T30_198

市電で函館駅から五稜郭公園前まで移動します。220円。
乗る前にどんな料金システムか知らなかったんですが、一般的なバスと同じで、乗るときに切符を取り、運賃表に表示される金額を降りるときに払います。

で、ちょっと驚いたのは、右折のところとかで歩行者の横断を待つために止まったりしますが、車並みにパッと止まります。通常の電車のイメージからするとちょっと違う。

窓が開けてあるので、走り出すと風が気持ちいい。

てな感じで五稜郭公園前で降りて、五稜郭タワーへ向かいます。

T30_195

で、展望台へ上ってみます。
五稜郭です。
ほぅ。でかい。カメラに収まりきらない。
550uz_300

で下に降りて、公園も散策してみました。
550uz_317

で、散策も終わり、市電の駅に向かう途中で昼食をとり、再び函館駅に戻り。

そろそろおみやげを買っておくかということで。
ある人から、ROYCE'ポテトチップチョコレートを頼まれてまして。駅の近くのおみやげ屋さんで発見したので、購入。自分用も。

それと、六花亭のストロベリーチョコと。

それと、例の、「白い恋人」です。私もこれ結構好きなんですけど。公式ページはお詫びとお知らせになってますね(2007.8.17現在)。
この日時点では普通に売っていたので購入。

あとはタラバガニを購入して、これは宅配便で送ることに。

で、この暑さなので、チョコレート系はドロドロになってしまうことが懸念されますので、念のため用意してきたクーラーボックスに入れ、コンビニで氷を購入し、入れときました。

で、ほぼミッションクリアか?この時点で13時過ぎぐらい。
帰りのフェリーは20:00なので、時間有りすぎ。外歩くには超暑すぎ。
ちなみに駐車場に止めておいた車の外気温度計は。なんかすごい数字が表示されています。
T30_248

しょうがないので、駅の中入って喫茶店でアイスコーヒーなんぞ頼んでみるも。
30分ぐらいしかつぶせず。

でまた駅周辺をうろついていると。
クイーンズポートはこだてがあるので、行ってみることに。
まずはクラシックカーミュージアム

近くで見ると、こういうアメ車ってかなりでかいっす。
T30_206
T30_211

T30_214
T30_219 T30_220

で、次、青函連絡船記念館摩周丸
あまり期待はしていなかったのですが・・・。

T30_222

あれっ。
T30_224

この辺とか。かっこいい。
T30_227
T30_228

ここいらとかも。
T30_239

こんな構図も良し。
T30_247

まあわからない人にはわからない視点で。

というわけで、もうそろそろ勘弁してやるかということで、フェリー乗り場に向かい。あとは駐車場で待機することにします。

T30_249
T30_251
T30_253

で、時間になり、フェリーに乗り込むと速攻二等客室に向かい。場所をキープ。
行きのときほどは混んでません。充分体を伸ばせるスペースを確保できました。

じゃあ寝ときますかなんて思いましたが、なんか蒸し暑い。
出港したら涼しくなるとか・・・。ならない。息苦しい。
周りを見てもそんな反応なので、私だけではない。おかしい・・・。

とりあえず寝てみるか・・・。じっとり汗ばむ。気持ち悪い。
でもこんな環境でイビキかいて寝てる人いるよ。尊敬するよわたしゃ。

てな感じで3時間50分。頭痛くなってきた。最後にアナウンス。「本日は設備故障によりご迷惑をかけ云々・・・」そんなの最初に言っとけヽ(*`Д´)ノゴルァ。

今回の旅で一番体力を消耗したのはこの時間でした。

で、青森にほぼ定刻(0:00)に到着。
とりあえず頭痛いので、薬飲んで寝よう。

というわけで、青森ICから高速乗って、津軽SAに入り。ここはコンビニがあるので、カルボナーラ発見し食す。頭痛止めの薬を飲んで車中泊で就寝。

第五日目(8月15日)。

朝6時ごろまでぐっすり。珍しく朝日を見逃す。体調復活。気分すっきり。
がんがん行きまっせ~。てな感じで、11時半ぐらいには白河到着。家帰るまえにおみやげデリバリーしておくかということで、ポテチをデリバリー。

後は家に帰り、風呂に入り、寝る・・・。

まとめ。
というわけで、車中泊の旅でしたが、意外とちゃんと寝れ、全然OKじゃん。
で早朝から時間を有効に使える。
(というか夏だと日差しが強くて遅くまでは寝れないでしょう。)
車中泊時の車内セッティング詳細については別記事で書く予定。

総走行距離:2310km
一日平均走行距離:462km
ガソリン総使用量:226.45L
平均燃費:10.20km/L(意外と伸びないけどエアコンガンガンつけっぱなしだし。)

高速道路代:27,750円
ガソリン代:31,858円
フェリー往復:36,000円

飛行機で行った方が安い早い楽ですよ。ある意味贅沢な旅なのかも。
しかしおもしろかったですね。またいずれ挑戦したい。北海道はやっぱりでっかいどうだった。

車中泊がこれだけ有効だとすると旅のプランがいろいろ立てれそうです。

いやぁ車中泊って本当にいいものですね。ではでは。

自ブログ関連記事
ストリーム車中泊考察(2007.8.19)
北海道車中泊の旅④(2007.8.18)
北海道車中泊の旅③(2007.8.17)
北海道車中泊の旅②(2007.8.16)
北海道車中泊の旅①(2007.8.15)
夏休み準備(2007.8.7)
オイル/ATF交換(2007.7.29)
ETC深夜割引の適用時間帯が拡大 東名阪地区で(2007.7.17)
ガソリン価格比較サイト(2007.7.17)
バッテリー交換(2007.7.16)
圏央道効果が現れてきた…一般道の交通量が減(2007.7.7)
道の駅 旅案内 全国地図(2007.5.8)
中央道・関越道がついに接続(2007.5.6)
首都高関連映像(2006.9.15)
HDDナビのバージョンアップで思うこと(2006.9.11)
車中泊の考察(2006.9.9)
オイル添加剤(2006.8.21)
ガソリン価格上昇に備えて?(2006.8.1)
マイカーリアモニター設置(2006.7.16)
マイカー燃費対策(2006.6.18)

« ブレードランナーがブルーレイででるかも。 | トップページ | ストリーム車中泊考察 »

<朝日/夕日>」カテゴリの記事

<海>」カテゴリの記事

<車>」カテゴリの記事

<鉄道>」カテゴリの記事

[車中泊/旅]」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171399/16151456

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道車中泊の旅④:

« ブレードランナーがブルーレイででるかも。 | トップページ | ストリーム車中泊考察 »

NHK時計


  • ※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

カテゴリ