他のアカウント

Twitter
2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

広告




相互リンク

無料ブログはココログ

« スバルも世界ラリー選手権(WRC)から撤退 | トップページ | ストリーム車中泊用ベッド作成その2 »

2008年12月21日 (日)

山梨リベンジ編

以前、OLYMPUS SP-550UZを買った際に山梨へ撮影に行きました
天候に恵まれていたにもかかわらず、あまり良い写真が撮れたと言えず、心残りがありました。

そこで!
冬は空気が乾燥しているため、空気が澄んでおり風景を撮るには適していると言われています。
また、週間予報を見てみると、12月20日(土)は全国的にほぼ間違いなく晴れそう。
ガソリン価格もかなり下がったし。

というわけで、山梨へ再び撮影に行くこととしました。
撮影ポイントは絞り込みます。花が咲かない時期なので花の名所とかはばっさりカット。

12月19日(金)PM11:00白河出発。
夜のうちに現場へ移動し、朝焼けの富士山を狙うわけです。

向かったのは、パノラマ台。パノラマ台には12月20日AM4:00ころ到着。

付近の道路ではシカ?が道路の真ん中にいてびっくり。目が合っちゃいました。写真撮る余裕もなく、そのままスルーしましたが。

で、パノラマ台に着くと、すでに駐車場は満車一歩手前ぐらいで、とりあえずギリギリセーフで駐車場所は確保。日の出までは車の中で寝ます。

ということは車中泊ということですが、いよいよ例のモノがとりあえず完成しています。
詳細は別記事で書く予定。

で、夜明け前AM6:00ぐらいから三脚等準備開始。周りの車もみんな撮影目的だったようで、すでに三脚がいくつも並んでいました。

で、夜が明け始めました。
022
021
034
035

で、今回は例の望遠レンズも持っていきましたので、とりあえず撮ってみます。
これは焦点距離74mm(EXIFデータより)。
048

これは焦点距離300mm。
049

ん~今回の撮影だと300mmの出番はあまり無いか。

で、パノラマ台の後は前回かなり悔やまれた、本栖湖であります。
天気はばっちりなので、急いで向かいます。

で撮りましたが。太陽がまぶしい。
060

千円札裏返して見てみてね。
077

で、よ~く見ると、画像の同じところにうっすら黒い点が見えます。ゴミが付着していたようです。カメラの液晶で見るだけじゃ気がつかない(ーー;)。
これ以降全ての写真に付いているので、パノラマ台でレンズ交換したときにゴミ付けちゃった可能性大。どうやらレンズ側に付着していたようです。

次。紅葉台。ここは初めて訪れましたが。
まっぷるを見ると、紅葉展望台レストハウスの屋上からの眺めが良いとなっていたので。

で、登山道入口付近に来るとこんな看板が。
怖い看板シリーズ。
109

なので、素直な私は車を置いて近所の人に道を聞いてから歩いて行きました。
で、まっぷるには30分ぐらい歩くと書いてありましたが、10分程度歩くと、ちょっとひらけた場所に出ます。看板があり紅葉台と書かれてます。

ここ?レストハウスないし。まあとりあえず写真撮っておこう。
101

ひょっとしてレストハウス無くなった?んなわけないか。

帰ってきてから調べましたが、やはりレストハウスは存在するようなので、私がたどり着けていないだけのようです。登りはじめる前に近所の人に聞いた時にレストハウスという聞き方をしなかったので、違う道を教えてくれたようです。

あぁまた心残りを作ってしまった・・・。

で、温泉にでもつかるか、ということで、道の駅なるさわに隣接している富士眺望の湯 ゆらりへ。営業開始(10:00)とともに入場。1200円でバスタオル、タオルがセット。
風呂場から富士山が見えて良いですね。

で、風呂でのんびりした後、道の駅なるさわにて撮影。
110
115

で、おみやげも買っときました。

そろそろ昼時なので、山梨に来たら一番食べたいほうとうを食べに行きます。
私の中ではすでに定番になりつつあります。
行く店はこれのときに訪れたお食事処いろり。ここも開店と同時に突入(11:30)。
堅めのめんを煮込みながら食す。あぁ~うまい。

で、今回は土日オンリーの休みなので、このぐらいで帰るかと。

でもどうせ高速に乗るなら0時~4時をまたがないと。今や深夜割引は50%なのですね。
なので、とりあえず高速に乗っちゃって、談合坂SA(上り)で時間つぶし。今見たら無線LANも対応しているらしいし。

ここは駐車場が細かく仕切られているエリアがあり、その端のほうへ停めました。
のんびり寝てることもできるので車中泊向きですね。

イルミネーションしてるので撮影。
123

で0時またぎで移動して12月21日AM2:30頃帰宅。

まとめ
富士山撮影はある程度リベンジできましたがまた心残りができてしまいました。
また行くかぁ?
で、今回は仮眠レベルでしかしていない車中泊ですが、車中泊用ベッドの効果は絶大です。デメリットもあります。

あと今回道路とか比較的空いており、不況の影響かもしれないけど、年末年始休みの1W前のタイミングって遠出をしない時期という可能性もあるかも。

それとやっぱ一眼レフはレンズ交換時ゴミに気をつけましょうということで。

自ブログ関連記事
ガンダムクライシス(2008.4.26)
山梨へ(2007.3.31)

ストリーム車中泊用ベッド作成その2(2008.12.22)
ストリーム車中泊用ベッド作成その1(2008.5.25)
ストリーム車中泊考察(2007.8.19)

高速道路ETC料金、14日から深夜も5割引きに(2008.10.11)

« スバルも世界ラリー選手権(WRC)から撤退 | トップページ | ストリーム車中泊用ベッド作成その2 »

<富士山>」カテゴリの記事

<朝日/夕日>」カテゴリの記事

[車中泊/旅]」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171399/43484254

この記事へのトラックバック一覧です: 山梨リベンジ編:

« スバルも世界ラリー選手権(WRC)から撤退 | トップページ | ストリーム車中泊用ベッド作成その2 »

NHK時計


  • ※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

カテゴリ