他のアカウント

Twitter
2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

広告




相互リンク

無料ブログはココログ

« 早朝@南湖 | トップページ | PS3用地デジチューナ「torne」がAVC 3倍録画に対応 »

2010年5月15日 (土)

OLYMPUS E-420 ファインダースクリーンの交換

最近デジカメはOLYMPUS E-30がメインでE-420がサブというのが定着しつつあり。

E-30は12-60mmがデフォルトですが、E-420はOM系のレンズを付けることが最近は多い。
そうすると必然的にマニュアルフォーカスになるわけです。

良く言われていることですが、昔のフィルムカメラに比べ、E-420とかはファインダーでピントを合わせようとするといわゆる”ピントの山”がつかみにくい。

そこはライブビューで拡大してピントを合わせれば、目視よりも確実なピント合わせはできるんですが、三脚があった方がやりやすいし、お手軽とは言いにくい。

いろいろ調べると、E-420でもファインダースクリーンの交換は可能なようです。
(メーカー保証外なので自己責任でどうぞ)

スプリットスクリーンと言われるものにすると、像のズレを合わせるだけで、ピント合わせが可能になります。
○○オクでも売ってたりして、買ってみたんですが、他社のスクリーンを加工しているようで、組み付けてみると、スプリットスクリーンでしっかり合わせたつもりでもライブビューでのピントと比較すると微妙にピントがズレている。使えないので元に戻しました。
まあ安物はこんなものか・・・と諦めかけていたんですが。

最近OMのレンズで、100mmF2.8とか200mmF5とかの望遠系レンズを使い始めて、ピント問題がまた気になりはじめ。

海外でも通販でファインダースクリーン売ってるんだよなぁそういえば。

デジカメwatchより:
Katz Eye Optic ファインダースクリーン
~温故知新。デジイチにスプリットマイクロスクリーンを入れてみる

というわけで、思い切って発注することにしましたよ。
KatzEye Optics

メーカー別のメニューからOLYMPUS DSLRsを選んで、次のメニューからE-420用を選びます。105ドル。

次の画面で"Gridlines and Croplines"というオプションがありますが、"Rule of Thirds Gridlines - Add $45.00"を選ぶことにしました。
これは3分割の縦横のラインが入っているわけです。ラインが入っていると水平垂直とか合わせやすいし。

で、add to cartでカートに入れて、check outで届け先の入力になります。
あとクレジット番号の入力とか、発送方法とかを選択し。発送方法はデフォルトでチェックが入っているUPS Worldwide Expeditedにしてみました。36.04ドル。
海外なので、いろいろお金かかりますが、まあしょうがないか。

英語に関してはGoogleツールバーの翻訳を使えば大体の意味は把握できると思いますし、難易度はそんなに高くないかな。

発注したのが、5月5日の23時ぐらい。

届いたのが5月10日。以外と早く届きましたねぇ。
発送状況はこんな感じで、ネットで追跡できます。
Ups

こんなパッケージで届きました。
T30_001

中にはこんな箱が入っていて。
T30_002

箱の中に交換用の工具らしきものと、スクリーンが入っているケースがあります。
T30_003

で、交換は割と簡単で、E-420のレンズを外し、スクリーンを止めている板バネに小さな穴が開いているので、そこに例の工具を引っかけて押すようにするとバネが外れ、スクリーンも外れます。

ここに交換方法のPDFがあります。
英文ですが、写真を見れば大体見当はつくと思います。この作業時にホコリが付くと、ファインダー見たときにまともにホコリが見えますので、必要に応じてブロアーで飛ばしてください。

写真ではスクリーンがすでに交換されているので、3分割のラインが入っているのわかりますかねぇ。
E30_005
E30_004

で、さっそく目視でスプリットで合わせた場合と、ライブビューでピントを合わせた場合で撮影してデータを拡大して比較しましたが、ほぼ同様なようです。
純正のスクリーンに比べてファインダーで見たときにやや暗くなったような気もします。

あとは実際に試し撮りをしてみますかねぇ。
実際、風景で試し撮りをしてから、この記事を書こうと思っていましたが、まだ試し撮りはできてないです。

再度申し上げておきますが、海外への注文、交換作業等、あくまで自己責任でどうぞ。
自信がない、わからないという人はやらない方が良いかと。

2010.5.17追記
ちなみにこのスクリーンに交換すると、AFが合焦したときの赤い点が見えなく(見えにくく)なります。ファインダーを使ってAFで撮影する方にはお勧めしません。

自ブログ関連記事
OLYMPUS E-420+OM200mmF5 @南湖(2010.5.9)
OLYMPUS E-420+OM28mmF3.5 @南湖(2010.4.11)
OLYMPUS E-420+OM100mmF2.8 @南湖(2010.4.3)
OLYMPUS OM所有レンズまとめ(2010.3.31)
OLYMPUS E-30 + ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD@南湖(2009.12.6)
OLYMPUS OM-2N@南湖(2009.11.15)
中古レンズ比較@南湖(2009.11.7)
Takumar 135mm 1:3.5@南湖(2009.10.11)
OLYMPUS FL-36R購入(2009.9.8)
OLYMPUS E-420購入(2009.4.19) 
ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro購入!(2009.3.20)
オリンパス、1,230万画素でフリーアングル液晶搭載の「E-620」(2009.2.24)
ZUIKO DIGITAL ED 70-300mm F4-5.6購入!(2008.12.10)
一眼レフケース考察(2008.11.2)
デジカメ今昔物語(2008.10.22)
ZUIKO DIGITAL 25mm F2.8 @南湖/小峰城(2008.10.4)
防湿庫の導入(2008.8.30)
旅カメラ オリンパス E-520 ワンダーブック(2008.7.2)
OLYMPUS E-520購入!(2008.5.29)
三脚の購入(2008.2.7)
日の出・日の入り定規(2007.5.19)
OLYMPUS SP-550UZオプション購入(2007.5.14)
OLYMPUS SP-550UZ導入(2007.3.30)
デジカメ購入&考察(2006.8.5)
デジカメ撮影方法の検討(2006.5.4)

« 早朝@南湖 | トップページ | PS3用地デジチューナ「torne」がAVC 3倍録画に対応 »

[デジカメ/一眼]」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171399/48366803

この記事へのトラックバック一覧です: OLYMPUS E-420 ファインダースクリーンの交換:

« 早朝@南湖 | トップページ | PS3用地デジチューナ「torne」がAVC 3倍録画に対応 »

NHK時計


  • ※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

カテゴリ