他のアカウント

Twitter
2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

広告




相互リンク

無料ブログはココログ

« 白河フラワーワールドにて | トップページ | 山陰車中泊の旅③ »

2010年5月 3日 (月)

山陰車中泊の旅②

では第三日目(4月30日)

道の駅「キララ多伎」での車中泊では風が強くて車が揺れるぐらいでした。
ホントに海のすぐそばなので、車が潮風をまともに浴びていることになり、ちょっと心配。

帰ったら車洗うかなぁ。

朝。朝日と周辺を撮影。
E30_254
E30_261
E30_269
E30_278

で、とりあえず次の目的地に近いマックを検索し、マクドナルド出雲店で朝マック。
BBモバイルポイントに対応しているため、パソコンでネット接続。

でねぇ。やっぱり出雲と言えば。出雲大社
駐車場に8:20頃到着。私が来たときはまだ駐車場に空きがありましたが、すぐいっぱいになっちゃいましたね。
E30_294
E30_302
E30_304
E30_307
E30_308
E30_309

国旗が掲揚されていますが、かなりでかい。
E30_315
E30_334

国旗を下から。
E30_335
E30_341
E30_349
E30_351
E30_355
E30_370
E30_384
E30_390

現在、平成の大遷宮が行われており、御本殿には覆いがされています。
E30_411

E-420+100mmF2.8にて。
E420_019
E420_022

神社にはなぜか定番。ハトぽっぽ。
E420_038
E420_047

私の中では定番である、交通安全のお守りを購入。

で、次に出雲大社のすぐ近くにある、古代出雲歴史博物館へ。
E30_415

常設展は撮影できませんが、企画展は撮影ができました。
「BATADEN~一畑電車百年ものがたり~」をやってましたが、カメラの展示もあったので、ちょいと撮影。
E30_417
E30_418

で、11:00ちょい前ぐらいになったので、まっぷるに載っていた、出雲そばの「そば処 田中屋」へ速攻向かいました。

で、座ることができましたが、すぐ満席に。

E30_421

そばはホントは冷たいのがベストな気もしますが、この日は日が出ると暑かったり、日が陰ると寒かったりしたので、温かいそばが食べたくなり、釜揚げそばをオーダー。
おいしかったです。
T30_015

で、次に東洋一の高さを誇るらしい、日御碕灯台へ。
灯台へ行くまでの海沿いの道の景色もきれいです。
T30_017

灯台に到着。
E30_424
E30_425
E30_426
E30_428

で、当然展望台まで登るわけです。

入り口付近に、怖い看板シリーズ。
展望台にいるときに地震とか遭いたくないないなぁ。
E30_430_2

結構な段数のらせん階段を登り。

展望台からの景色。
景色は良いんですけど、この日はとても風が強く。
地上でさえ帽子が飛ばされそうな風なのに、てっぺんでは暴風です。
手すりにしがみついてやっとこ撮影。
E30_434

E30_445
E30_448

で、天気は良いので、風が強くてもちょっと暑い陽気。
なので、ソフトクリームが食べたくなり、近くの売店で、梨ぶどうミックスをオーダーし、近くのベンチで気持ちよく食べていたわけですが。

そんなとき、手に衝撃を感じ。何???
衝撃の原因を探すとトンビ?らしき鳥が滑空しています。

で、手元のソフトクリームを見ると、無惨な爪痕が。
ちょっと呆然としていましたが、空を見上げると、再度チャレンジしようというのか、トンビが旋回しています。

また襲われるのもやなので、とりあえず車の中に避難。
無惨な爪痕
T30_020

幸い、手には何も傷を負わず。
しかしトンビとかってソフトクリーム食べるんだろうか?あまりにも私が美味しそうに食べていたから(*´Д`*)?

今後はソフトクリームを食べる前には空を見上げることにしよう。

帰り際も海沿いの道を通るので、ちょいと撮影。
T30_023

次に松江城(HP)に向かいます。
出雲大社は混む気がしたので、朝イチに行きましたが、まあ城とかはそれほどでもないんでは?と甘く見ていましたが、周辺駐車場は結構混んでいて、停める場所を何回かぐるぐる回ってやっと探し。

E30_463

天守閣から撮影。
E30_474
E30_483

E-420+100mmF2.8にて撮影。
E420_054

で、近くの売店にて、先ほどトンビにソフトクリームとられた悔しさから、バニラ&ストロベリーをオーダー。今回は店内のイスに座って食べたので鳥問題は関係なし。
てか鳥に襲われるなんて滅多にあるシチュエーションではないと思うが。

次は、水木しげるロード
昔「ゲゲゲの鬼太郎」の漫画持ってましたが、親戚の子にあげちゃいましたね。
とある場所にも鬼太郎関係ありましたが、そんなもんじゃないですよ。

E30_512
E30_514

まずは水木しげる記念館へ。
E30_543

中は撮影禁止ですが、場所によっては撮影可能です。
中庭には、各キャラクターがいます。
E30_521

ぬりかべ。
E420_057

ねずみ男
E420_058

猫娘
E420_059

鬼太郎
E420_060

砂かけばばあとこなきじじい。
E420_061

トイレの入り口のマークは。
E30_544

E30_541
E30_542
E30_545

で、ゲゲゲの妖怪天国。
E30_548
E30_549
E30_550
E30_552

水木しげるロードを歩いてみます。
道の両側に妖怪の銅像?が並んでいます。かなりの数です。
E30_554

すべては紹介しきれないので、メジャーな妖怪たちを中心に。

こなきじじい。
E30_564

砂かけばばあ。
E30_568

猫娘
E30_589

ぬりかべ。
E30_590

鬼太郎。
E30_591

鬼太郎。
E30_593

目玉おやじ。
目玉おやじの声優の方は今年初めにお亡くなりになってますね
E30_594

一反もめん。
E30_596

ねずみ男。
E30_597

で、周辺の協力ぶりも半端無い。
郵便局も。
E30_567

鬼太郎が乗っているのは。
E30_584

一反もめんじゃないですよ~。
E30_585_2

JRも。
E30_586

街灯も。
E30_571

案内板も。
E30_572

提灯も。
E30_546

タクシーも。
E30_563

道路脇の鎖の柱も。
E30_576

ここまで徹底されてるのってすごいですねぇ。

街のみなさんが協力しているんでしょうねぇ。

てな感じで、17:00も回っているので、今日の見学はこれで終わりで、次の日の見学場所に近い道の駅に移動することにします。

その途中に温泉に入ることにします。

温泉は、なかやま温泉ゆーゆー倶楽部。(HP)
で、食事も出来ると思ったんですが、休みだったようです。

じゃあ、道の駅に向かいつつ、食べる場所を探すか。

と思いつつ走るのですが、9号線沿いにはあまりお店がない。

結局道の駅「神話の里 白うさぎ」(HP)に着いてしまい。
そしたら、駐車場のちょいと脇にローソン発見。
カルボナーラを食べ。

22:00前には就寝。

GPSロガーの三日目の軌跡はこんな感じ。
距離合計203.6km。
Photo

第三日目はこれにて終了。第四日目へ続く・・・

自ブログ関連記事
山陰車中泊の旅①(2010.5.2)

レーダー探知機データダウンロードその2(2010.4.26)
GPSユニット「GT-730F/L」のテスト(2010.2.23)
GPSデータロガーでクルマの軌跡を記録しよう(2010.2.19)

世界遺産車中泊の旅④(2009.5.6)
世界遺産車中泊の旅③(2009.5.5)
世界遺産車中泊の旅②(2009.5.4)
世界遺産車中泊の旅①(2009.5.3)
ストリーム車中泊用ベッド作成その2(2008.12.22)
山梨リベンジ編(2008.12.21)
カーネル vol.1―車中泊を楽しむ雑誌(2008.9.10)
ストリーム車中泊用ベッド作成その1(2008.5.25)
車中泊関連本(2008.5.5)
超実用!車中泊マニュアル(2008.3.2)
ストリーム車中泊考察(2007.8.19)
北海道車中泊の旅④(2007.8.18)
北海道車中泊の旅③(2007.8.17)
北海道車中泊の旅②(2007.8.16)
北海道車中泊の旅①(2007.8.15)
夏休み準備(2007.8.7)
道の駅 旅案内 全国地図(2007.5.8)
車中泊の考察(2006.9.9)

« 白河フラワーワールドにて | トップページ | 山陰車中泊の旅③ »

<城>」カテゴリの記事

<神社仏閣>」カテゴリの記事

[車中泊/旅]」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171399/48257169

この記事へのトラックバック一覧です: 山陰車中泊の旅②:

« 白河フラワーワールドにて | トップページ | 山陰車中泊の旅③ »

NHK時計


  • ※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

カテゴリ