他のアカウント

Twitter
2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

広告




相互リンク

無料ブログはココログ

« 山陰車中泊の旅② | トップページ | クルマで旅するマガジン VOL.1 »

2010年5月 4日 (火)

山陰車中泊の旅③

では第四日目(5月1日)

道の駅「神話の里 白うさぎ」にて朝日が待ち遠しく、日の出とともに起床。

駐車場より。
E30_603
E30_604

地下道を通って、道路反対側の海辺に降りれます。
E30_611
E30_613
E30_616
E30_652
E30_666

日の出をかなりの枚数とった後、道の駅周辺を散策。

道の駅建物。
E30_770
E30_766

白兎神社があります。
E30_769

両端には兎が跳びはねているように続いています。
E30_780

白兎神社
E30_786
E30_788

てな感じで、道の駅を出発し、とりあえず朝食。
近場のマックを検索し、マクドナルド鳥取店にて朝マック。

で、次の目的地は鳥取と言えば、鳥取砂丘
ゴールデンウィークも本格的に始まっているわけで、早めに行った方が良いかも。
というわけで、朝食も早々に鳥取砂丘に向かい。

駐車場に着いたのが、AM7:30ぐらいですかねぇ。
この時点で結構駐車場うまっていたので、もっと早く来ても良かったかも。

E30_793
T30_032
E30_794

広い!人の大きさで、広さが伝わるでしょうか。
E30_797
E30_798
E30_801
E30_802

行く手はちょっと丘の様になっており。
E30_803
E30_804
E30_806
E30_807
E30_809

丘を登るとその向こうは海。
E30_835
E30_843
E30_848
E30_853

何か日本の風景じゃない異世界感。
E30_859
E30_863

砂が固いところもありますが、大体はさらさらなので、しばらく歩いていると靴の中は砂だらけ。

E-420+OM100mmF2.8。
ボケを生かそうと思ってほぼ解放気味で撮影していたら、シャッタースピードが追いつかず白飛びしまくり。ちょっと補正したりしてます。
E420_089
E420_104
E420_114
E420_128

リフトに乗って展望台へ。
E420_137

個人的にはこういう方がおもしろい。
E420_142

てな感じで、観光はOKですかね。
なんか今回のGWは混みそうな気もするので早めに帰りましょうかね。

というわけで帰路につきます。

道の駅「清流茶屋 かわはら」(HP)にて休憩。

作用ICから中国道へ。

揖保川PAにて休憩。

加西SAにて昼食に広島焼。おいしい。

舞鶴若狭道に入り、どうも眠いので、綾部PAにて30分仮眠。

小浜西ICで降りて、国道27号
今回の旅でも、この国道の流れが一番悪い。
対向車のナンバーを見てるといろんな地域のナンバーの車が走っています。

舞鶴若狭道が早いとこ北陸道に繋がると、東名、名神の迂回路になり、渋滞の削減になると思うんですけどねぇ。

で、敦賀ICから北陸道

杉津PAにて休憩。ソフトクリーム(夏みかん)を食べ。
ここは、日本海に面していて、日没が見れる絶景ポイントであり、昨年の旅では日没まで粘ったんですが。
今回は16:30ぐらいなので、2時間ぐらい経たないと日没にならない。
ここで2時間つぶすのはもったいないので、先に進むことにします。

南条SAにて給油。

有磯海SAにて食事。19:30ぐらい。疲れも出てきているので、ここで睡眠を取り、深夜から移動することにして。

GPSロガーの四日目の軌跡はこんな感じ。
距離合計566.1km。
Photo

では第五日目(5月2日)

2:00過ぎに起床。給油をして出発。

4:30頃、黒埼PAにて給油。ちょっとおなかが空いてきた。
ちょうど夜が明けつつあり。夜明けを見つつお湯を沸かしてカップヌードル。

昨年の旅でも黒埼PAに朝着いたとき、人が混みすぎていてそばとか食べれず。
今回は朝早すぎてお店も開いていない。

こんな事もあろうかと、車でお湯を沸かせるこんなものを買っておいたのと。
コンビニで水とカップヌードルも買っておきました。

保温式カーポット 湯沸いたー ACM-11BL(II)
価格:
レミックス
売り上げランキング: 1795

以前はこれを使ってみたんですが、プラスチック臭がするのと、フタがただ乗っかっている感じなので、走行中に使うのはやばそうです。

メルテック(meltec) ポットDEゆ~わく F-78
価格:
メルテック(meltec)
売り上げランキング: 1011
おすすめ度の平均: 1.0
1。。。。

「湯沸いたー」のほうも停車して使っていましたが、フタがしっかり閉まるので、走行中でも使えるかも。プラスチック臭もほどんど感じませんでした。
カップヌードルが作れれば良いので、満タンではなく、300ml+αぐらいを入れて27分で沸騰。自動でスイッチが切れました。

お湯はホントに沸騰状態ですのでやけどに注意。特にフタがきつすぎて開けるときに注意。

ドアに引っかけるための金具が入っていますが、今一使いにくい。

これは専用ホルダーを作ると良いかも。
まあ次回使うまでに何か考えますかね。

それと水量の目盛りがないので、自分で付けるか。目盛り付けて使う分だけ沸かせば時間短縮になるはずだし。

で、お湯を沸かしている間に朝日を撮影。
E30_864
E30_865

で、黒埼PAを出発し、磐越道へ。

磐越道に入ったら部分的に濃い霧が発生。
T30_059
T30_062

霧も途中から晴れて、磐梯山SAにて最後の休憩。
E30_873
E30_880

で、東北道に入り、白河ICで降りて給油して帰宅。

GPSロガーの五日目の軌跡はこんな感じ。
距離合計422.2km。
Photo_2

まとめ。
総走行距離:2351Km(車のメーターで)
ガソリン使用量(L):213.02L
ガソリン代:29505円
平均燃費:11.04Km/L
高速代:4000

GPSロガーの全五日間の軌跡はこんな感じ。
距離合計2333.4km。メーターと差があるのはGPSの軌跡が追従しきれないところがあるから?
Photo_3

高速料金はシンプルなルートであり、途中で降りちゃうようなミスも無かったので、4000円になってます。
これが舞鶴若狭道が北陸道に繋がっていれば、片道1000円で行けちゃうのに。
部分的に車の量が多いところはありましたが、渋滞はありませんでした。

燃費は昨年とほぼ同等なので、これが私の車の実力値ってことですかね。

GPSロガーはなかなか使えますね。時間帯も距離も後からわかるから便利。

湯沸いたーも結構使えそうです。使い勝手に関しての改良を検討します。

デジカメはOLYMPUS E-30+12-60mmとE-420+OM100mmF2.8、レンズはもう一本70-300mm、それとコンパクトタイプのSONY DSC-T30。
組み合わせ的にはこれがベースでほぼ問題なし。今回70-300mmも持っていって正解でしたね。
良い写真が撮れすぎてまとめるのに時間がかかりました。
今回E-30は4GB+2GBは撮りきって、次の2GBを使ってました。4GB使い切ったの初めて。予備を持ってて良かった。

来年のゴールデンウィークはまた長い休みが取れるといいなぁ。
でも最近体力に限界を感じ始めてもいますが・・・。

いやぁ~車中泊って本当に良いものですね。ではでは。

2010.5.23追記
湯沸いたーのフタははめ込みではなくねじ式でした。それを一生懸命はめ込もうとしていたのできつかったと。アホだ・・・。
それと目盛りも刻まれていますねぇ。よく見えなかった。
テプラでも作って貼っておくか。

自ブログ関連記事
山陰車中泊の旅②(2010.5.3)
山陰車中泊の旅①(2010.5.2)

レーダー探知機データダウンロードその2(2010.4.26)
GPSユニット「GT-730F/L」のテスト(2010.2.23)
GPSデータロガーでクルマの軌跡を記録しよう(2010.2.19)

世界遺産車中泊の旅④(2009.5.6)
世界遺産車中泊の旅③(2009.5.5)
世界遺産車中泊の旅②(2009.5.4)
世界遺産車中泊の旅①(2009.5.3)
ストリーム車中泊用ベッド作成その2(2008.12.22)
山梨リベンジ編(2008.12.21)
カーネル vol.1―車中泊を楽しむ雑誌(2008.9.10)
ストリーム車中泊用ベッド作成その1(2008.5.25)
車中泊関連本(2008.5.5)
超実用!車中泊マニュアル(2008.3.2)
ストリーム車中泊考察(2007.8.19)
北海道車中泊の旅④(2007.8.18)
北海道車中泊の旅③(2007.8.17)
北海道車中泊の旅②(2007.8.16)
北海道車中泊の旅①(2007.8.15)
夏休み準備(2007.8.7)
道の駅 旅案内 全国地図(2007.5.8)
車中泊の考察(2006.9.9)

« 山陰車中泊の旅② | トップページ | クルマで旅するマガジン VOL.1 »

<朝日/夕日>」カテゴリの記事

[車中泊/旅]」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171399/48268051

この記事へのトラックバック一覧です: 山陰車中泊の旅③:

« 山陰車中泊の旅② | トップページ | クルマで旅するマガジン VOL.1 »

NHK時計


  • ※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

カテゴリ