他のアカウント

Twitter
2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

広告




相互リンク

無料ブログはココログ

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月18日 (日)

インターネット光回線メンテナンスの巻

最近、ずっと家のインターネット回線(フレッツ光)の不調に悩まされており。

思い起こせば、昨年の10月17日に呟いていますが、それ以降調子が良い時、まるで繋がらない時、繋がる/切れるを繰り返す時があり、不安定な状況が続いていました。

ブログの更新途中で、ネットが切れてしまうと、更新内容が消えてしまったり。

すでにネット回線は生活に必要なインフラでもあるわけで、それが不安定というのはいろいろ支障をきたすので何とかしたいと思っていたわけですが。

自分なりの切り分けを開始。

①ネット回線、プロバイダの工事中、一時的不具合の可能性?
→NTT、ぷららのホームページを見てみるも、該当の時間帯に工事、接続不具合の発生はないことがわかりました。

②自分の所有機器の不具合?(端末)
→パソコン、タブレット、スマホ、ゲーム機すべてにおいて接続不良が発生しているため、特定の機器の故障、設定ミスではないと判断。

③自分の所有機器の不具合?(ルーター)
→ルーターはバッファローのWZR-G144NHを使用していますが、故障の可能性を考え、前に使っていたルーターが設定そのままで残っているので、しばらく入れ替えて運用。
結果、接続不具合はやはり発生。

④インターネット回線の不具合?
→というわけで、残るは光回線(回線終端装置、回線自体、NTT局内?)ということになるわけです。

Yahoo!知恵袋にはこんな質問もあり:
五分前では快適に動いていたネットが何もいじってないのに繋がらなくなりました。

回線終端装置の情報はこことかにありますね。

で、回線が順調なときに問い合わせ電話するよりは、実際に繋がらないときに電話したほうが良いだろうなぁと思って、機会を伺っていたわけですが、土日の昼間になるとなぜか順調につながっていたり。で、17時を過ぎると繋がらなくなったり。

う~む。
マーフィーの法則が発動か・・・。

てな感じでなかなかタイミングがつかめなかったわけですが、5/17(土)の夜から回線不調が発生、5/18(日)の朝はどうだろうかなと思っていたら、不具合継続しているため、NTTに電話。

連絡先はこちらに載ってます。
NTT:お問い合わせ一覧【お電話】

最初問い合わせ(0120-116116)にかけてしまいましたが、故障なので、0120-000113を案内されました。

で、かけたわけですが、9:00過ぎぐらいということもあり、混みあっているようで、呼び出しから担当の方がでてくるまで、10分以上?は待ちましたかねぇ。スピーカーホンにしときましたけど。

で、名前と、住所とお客様IDを確認され。お客様IDなんて記憶にありませんでしたが、Bフレッツの申込み時の資料が残っていたので、見てみると書いてありました。(Cから始まるID)

回線終端装置のランプが点灯しているかを確認され、一番上のAUTHが点灯していないことを説明。どうやらこいつが点いていないと回線がつながっていないらしいことは今までの不具合時でわかってました。

作業前の写真:たまたまAUTH点いてますが、点いたり消えたりしてました。

P5180378

電源入れなおして見てくださいと言われましたが、すでに何回もやって再発しているので、それを伝えました。

で、局側から見てもらうと、つながっていないことは確認できたとのことで、故障対応の業者が午後来てくれるとのこと。場合によっては費用発生もあるかもしれないということでした。

で、13:00過ぎに業者の方が到着。

原因切り分けのために、回線終端装置に直付けであった光ケーブルをいったんコネクタタイプに変えたいとのことで了承(NTT側の都合であり無償)。
直付けは断線の懸念と、故障時の原因切り分けに不便らしく、最近はコネクタタイプが標準らしいです。

で、光の強さ?を測るらしいのですが、大体-30dbとのことで、かなり低いとのこと。
よって回線がつながったり切れたりということに繋がるらしい。

その業者さんが通常作業時の目安にしているのは-20dbとのことです。
(NTT基準よりも上らしい)

で、どうも家の外に問題があるらしく、外の回線を見てきますと言ってしばし外出。

30分程度で、自分が見れる範囲で調べたけど、やはり低めで、もっと先の回線(町の通り沿い)まで見ようとすると専用の高所作業車が必要とのことで、すぐ手配をしてくれましたが、来るまで30分ぐらいかかる模様。で、また外出。

で、戻ってきて室内から電話し、高所作業車と連絡を取りながら回線のチェックをしている模様。

で、結局、家の外の電柱の何か所かの分配部?のメンテナンス(交換)等の結果、-20db近辺になったとのこと。

 さらに。NTT局内のパネル?にも不良があるらしく、交換対応をこれからしてもらい、終わったら電話くれるとのこと。

で、電話が来て、NTT局内の対応で、3db改善し、-17dbぐらいになったとのこと。

すべて完了したのが16:00ぐらい。

すごく好感が持てる対応で、尚且つ数値的に改善が明らかなので、すごい納得。 費用発生もなし。

作業後の写真:ちょうど局内対応の時?AUTHが点いてないですが。
P5180381_2

その後は当然ながら全然問題なく。

これでずっと懸念だった問題がひとつ片付きました。

自ブログ関連記事
イーモバイル考察と導入(2009.3.21)
ロードウォーリアハンドブック(2008.8.31)

無線LANリピータ機能の利用 (2007.5.30)
浴室でのPSPによるロケフリ考察と改善(2006.12.3)
モバイル通信環境の考察(2006.7.2)

大桑原つつじ園~ジュピアランドひらた:芝桜まつり

5月11日(日)

大桑原つつじ園ジュピアランドひらたの芝桜が見頃を迎えたようなので行ってみました。
カメラはOLYMPUS E-M1 + 12-60mm。E-P3 + EC-20 + 50mmマクロ。

まずは大桑原つつじ園。
公式:大桑原つつじ園

ほぼ開園時刻(8:00)に入場。
P5111157

P5111160

P5111166


P5111172

P5111179


P5111185


P5111188


P5111198


P5111203


P5111206


P5111217


P5111219


P5111230


P5111231


P5111232


P5111236


P5111240


P5111242


P5111245


P5111251


P5111252


P5111259


P5111271

50mmマクロの写真。
P5113446


P5113449


P5113457


P5113460


P5113466


P5113474


次。ジュピアランドひらた。

公式:平田村役場ホームページ芝桜まつり

10:00過ぎごろ到着。
P5111296


P5111300


P5111301


P5111305


P5111308

展望デッキが東京スカイツリーと同じ高さ(634メートル)らしいです。
P5111309


P5111310


P5111315


P5111326


P5111333


P5111340

この日は芝桜まつり期間中で、ステージが設置されいろいろなイベントが行われていました。
P5111344

すごい賑わっています。
P5111345

で、ルー大柴さんも登場。クイズを出してトーク等をしてました。P5111347

露店の焼きそばと、持ってきたおにぎりで昼食。

50mmマクロの写真。
P5113481


P5113483


P5113485


次。温泉によって帰りますかね。

母畑温泉の下の湯の庭が有名らしいので行ってみることに。

公式:母畑温泉・ホテル下の湯

温泉入る前に庭を散策。
P5111353


P5111355


P5111357


P5111360


P5111361


P5111362


P5111367


P5111372

立派な庭ですねぇ。

その後温泉につかり帰宅。

自ブログ関連記事
花見山2014(2014.4.14)
会津~芦ノ牧温泉(2014.1.11)
観音沼~塔のへつり~大内宿(2013.11.2)
福島県紅葉周遊+芦ノ牧温泉 (2011.11.05)
鎌倉岳(2011.10.8)
霊山~四季の里~陣場のダリア園(2010.11.3)
浄土平2010(2010.10.12)
雄国沼~猫魔ヶ岳(2010.9.30)
那須八幡のつつじ&那須フラワーパーク(2010.5.29)
白河フラワーワールドにて(2010.5.3)
桜満開@開成山公園/日大工学部(2010.4.25)
観音沼~甲子~雪割橋(2009.10.31)
尾瀬(2009.10.20)
西大嶺~西吾妻山(2009.10.1)
花見山(2009.4.11)
かたくり祭り(2009.4.5)
裏磐梯~東山温泉~下郷の旅(2008.11.3)
会津駒ヶ岳(2008.10.2)
塩原温泉へ(2008.8.10)
福島県一周 ひとふで書きの旅(2008.5.4)
五色沼&浄土平(2006.10.21)
湯遊ランドはなわ ダリア園(2006.09.03)
桜見物 (2006.04.23)

2014年5月10日 (土)

立山~白川郷 車中泊の旅②

コメントほぼ入れ終わり(Ver.1.0)。

第三日目。4月27日(日)

車中泊した城端SAはガソリンスタンドがないことを除けば、車中泊には最適。
24時間営業コンビニがあり、SAの割には駐車場が小さく、大型トラックとかはあまりいませんでした。よって、夜は静かに寝れました。白川郷に朝一で行きたい場合にはよろしいかと。

前日飲んだ薬のおかげで頭痛はすっきり。

朝日が待ち遠しく、日の出前に起床、コンビニで朝食を調達し、食事しながら日の出待ち。

月がでてますが、だんだん空の色が変わってきます。P4270993

P4270997

出てきました。
P4271001

P4271003

P4271007

P4271009

この景色、何かに似ているような。
P4271016

こう切り取ると花札の「(ススキ)に満月」のような。月じゃないけど。
一般にはススキよりも坊主のほうがわかりやすいかも。
P42710162

周辺も撮影。
P4271026

ミニ白川郷があり。
P4271027

はい?
P4271029

なんか用?」ヤギさんの住居のようです。
P4271030

車中泊場所に城端SAを選んだ理由はガソリンも入れたかったんですが、ガソリンスタンドはなく。
下道に出ても、ガソリンスタンドとかあまりないかも・・・。
最悪帰り道の有磯海SAで入れるか・・・。
P4271036

てな感じで、朝日を撮り終わり、AM6:30過ぎに出発。

白川郷ICで降りて、白川郷駐車場に、AM7:00過ぎごろ到着。

世界遺産シリーズ。
公式:白川郷観光協会

駐車場はこの時間だとまだ全然空いてますね。
P4271037

P4271041

トイレ、案内所もこのような建物。
P4271045

この階段を上がると、

P4271052

この橋を渡っていくと、向こう側に、集落があります。
であい橋っていうらしいです。
P4271058

駐車場と道路を挟んだ反対側にお土産屋さんとかが並んでいます。
P4271059

橋からの眺め。
P4271064

P4271068

橋を渡り終わり、集落へ入っていきます。
P4271077

P4271079

P4271080

あちこち桜が咲いています。
P4271086

P4271089

P4271090

P4271100

P4271102

P4271104

P4271105

正面の山の上に展望台があります。
P4271106

これが、国指定重要文化財、和田家
9:00から内部の見学ができるのですが、この時点だとタイムスタンプで7:35。
なので、展望台のほうを先に回ります。
P4271114

P4271116

P4271120

P4271123

で、展望台の山すそまで歩いていくと遊歩道があり。

入口に看板があって、急斜面で落石の危険がある云々の看板がありましたが、距離的には大したことないだろうと思い、歩いていくと。
P4271125

かなり急。
かつ道幅が狭く、場所によっては石がごろごろしていて歩きにくい。
確かに看板の通り。ちょっと怖いし息が切れる・・・。
P4271126

ですが、まあ何とか上り終えると下にあったのと同じ看板がありました。
降りるときは別な道行こう・・・。
P4271127

上がったところはちょっと広場になっていて。
P4271128

石碑がありますね。
世界遺産 白川郷合掌造り集落」と書いてあります。
P4271132

P4271134

で、こんなところに、いつものやつが!!
P4271135

世界遺産恒例、ユネスコ世界遺産のマーク
こんなところにあるとは。
遊歩道通ってなかったら絶対見逃してました。
P4271136

展望台から見える山並みもきれい。
P4271147

展望台から白川郷の集落を見ると。
P4271149

P4271150

E-M1のバッテリーが切れたため、ここからE-PM1に12-60mmを装着。
クルマでバッテリーの充電できる準備はしてあったのですが、充電しなくても持つかぁ?
なんて思ってました。でも結構写真撮ったしね。
P4270215

P4270216

でも持ったバランスが悪いので、一応持ってきてあった、14-42mmに変更。
E-PM1はこっちのほうがしっくりきます。

で、展望台からの下りは、集落の中につながる道を歩いていきます。

マンホールのふたも白川郷。
P4270218

後ろを振り返り撮影。こんな感じの道です。
P4270219

P4270220

こういう看板があるにも関わらず、結構なスピードで突っ込んでいく県外ナンバーを見かけました。地域のルールは守りましょう。
P4270224

P4270226

神田家
P4270237

P4270239

神田家も見学できますが、まだ開いてません。P4270240

P4270242

長瀬家
P4270243

P4270248

P4270252

神田家別方向から。
P4270254

お土産やさんも風情があります。

P4270255

P4270256

P4270257

P4270259

明善寺
P4270267

白川八幡宮
P4270309

P4270310

P4270312

P4270313

この集落のなかで、ふつうに畑仕事をされている住民のかたもいらっしゃいます。
P4270325

で、9:00も回ったので、和田家に向かい、見学。
P4270326

2階へ続く階段。
P4270327

中二階。
P4270329

2階。材木を紐でとめているんですね。
P4270330

P4270331

P4270333

P4270334

P4270335

3階は入れないので、階段を途中まで登って覗くだけ。
P4270340

P4270341

P4270342

1階に戻り。色紙が飾ってありました。
P4270346

ふつうに和室。
P4270347

P4270350

入口近くのところ。
P4270354

P4270355

P4270357

和田家見学終了。

P4270361

P4270366

お土産はここでりんご豆購入。試食して美味しかったので買ってきました。
ほんとはどこかでそばでも食べたいと思ったのですが、ちょっと早すぎて食事処はどこも開いていないので、引き上げることにします。

であい橋からは続々団体客がやってきます。
P4270372

P4270373

てな感じで白川郷見学終了。
ちと早いですが、帰り道もそこそこ長いので、帰路に着きます。

白川郷ICから東海北陸自動車道→北陸自動車道。
結局有磯海SAにて給油&昼食。

黒崎PAにて休憩。

磐越自動車道→東北自動車道。

17:00過ぎには自宅に到着。

三日目のGPSロガーの軌跡はこんな感じ。
Photo_3

福島県が誇る大内宿と比べると、白川郷のほうが集落が広く、古い住居が数多く残っていますねぇ。さすが世界遺産。
ホントは雪が降ったときに来てみたいですが、今年みたいな大雪だったりすると自分のクルマでは無理かも。機会があればチャレンジしたい。

まとめ
全走行距離:1121km
ガソリン消費量:66.84L
平均燃費:16.77km/L
ガソリン代:11441円
高速代:10510円

全工程のGPSロガーの軌跡はこんな感じ。
Photo_4

前の車(ストリーム)だと遠出しても大体燃費が10km/Lぐらいだったので、フィットシャトルにしたおかげでそれなりに燃費は伸びてますね。

車中泊しやすいクルマであることはわかったので、また車中泊の旅にチャレンジしたいと思いますが、いつのことかは?

自ブログ関連記事
立山~白川郷 車中泊の旅①(2014.5.3)

フィットシャトル車中泊準備①(2013.8.15)

滋賀巡礼の旅②(2011.8.16)
滋賀巡礼の旅①(2011.8.15)

車載動画撮影 考察と実践(2011.1.22)

立山黒部アルペンルート(2010.8.9)

ストリーム車中泊用ベッド作成その3(2010.8.1)

山陰車中泊の旅③(2010.5.4)
山陰車中泊の旅②(2010.5.3)
山陰車中泊の旅①(2010.5.2)

レーダー探知機データダウンロードその2(2010.4.26)
GPSユニット「GT-730F/L」のテスト(2010.2.23)
GPSデータロガーでクルマの軌跡を記録しよう(2010.2.19)

世界遺産車中泊の旅④(2009.5.6)
世界遺産車中泊の旅③(2009.5.5)
世界遺産車中泊の旅②(2009.5.4)
世界遺産車中泊の旅①(2009.5.3)

ストリーム車中泊用ベッド作成その2(2008.12.22)
山梨リベンジ編(2008.12.21)

ストリーム車中泊用ベッド作成その1(2008.5.25)
車中泊関連本(2008.5.5)

長野車中泊小旅行(2008.3.31)

ストリーム車中泊考察(2007.8.19)

北海道車中泊の旅④(2007.8.18)
北海道車中泊の旅③(2007.8.17)
北海道車中泊の旅②(2007.8.16)
北海道車中泊の旅①(2007.8.15)
夏休み準備(2007.8.7)

車中泊の考察(2006.9.9)

2014年5月 3日 (土)

立山~白川郷 車中泊の旅①

今年は細切れGWなわけで、私の会社もカレンダー通りなわけですが、4月28日は休みを取ることにして前半も4連休。

4日間丸々使うかは別として、まあどっか行きたいなぁと。

久々車中泊での旅をしてみますか。フィットシャトルでの車中泊もまだしたことないし。
振り返ってみると2011年以来車中泊していないことが発覚!

で、行先はこの時期割と行き慣れた北陸方面から攻めます。

デジカメは新定番OLYMPUS E-M1 + MMF-3 + 12-60mm。
サブはE-PM1 + 17mmF2.8。
予備はSONY DSC-HX5VとOLYMPUS μ4/3レンズの14-42mm、4/3レンズの50-200mmSWD。

第一日目。4月25日(金)
出勤日なので、定時まで仕事をして帰宅。
夕食&出発の準備をして、20:00頃自宅を出発。

東北道~磐越道~北陸道。
米山SAにて給油。

通常車中泊はSAよりもPAを選びますが、目的地になるべく近い有磯海SAにて車中泊することにしました。

フィットシャトルは窓の目隠しは以前作ってあるわけです。
カーゴルームはフラットなので、車中泊用ベッドは作成不要と判断し作っていません。
寝袋に入り、AM1:30頃就寝。

一日目のGPSロガー軌跡はこんな感じ。
Photo

第二日目。4月26日(土)
AM5:30ごろ起床。
カーゴルームに寝袋だけで全然問題ないですね。
家からおにぎり4個持ってきていて、朝食は2個食べて。
P4260047

いつもの如く朝日を撮影するわけです。
P4260048

P4260703

P4260705

で、やっぱ朝日夕日は望遠で撮りたい。50-200mmSWDもそれを予測して持ってきているわけで。
P4260709

で、朝日を撮り終わったら移動。

どこに行くかというと、立山・雪の大谷ウォークに行きます。
公式ホームページ:立山黒部アルペンルート

2010年に黒部側から室堂に行っているわけですが、今回は、立山側から行きます。

立山駅の駐車場には6:30過ぎに到着したわけですが駐車場はほぼ一杯。
ホントはもうちょい遅くてもいいかと思ってたんですが、せっかく早起きしていながら、遅く出発してクルマ止めるのに困るのは嫌なので早めに出て正解でした。

P4260049

P4260050

Dsc01245

Dsc01247

駅周辺にも雪が残っています。
Dsc01250

立山駅。
Dsc01252

室堂まで往復で買いました。4310円。
Dsc01254

7:30発のケーブルカーに乗ります。10分おきに出ているようです。
Dsc01260

ホームにてケーブルカー待ち。スキーなどの荷物がない個人客だったので先頭に並びました。
Dsc01262

ケーブルカーが来ました。
Dsc01265

上側が客車で、下側が荷物を載せる貨車になります。
座れました。
Dsc01267

で、ケーブルカーが所要時間7分ぐらい。美女平に到着したら即、室堂行きの改札に並びます。
Dsc01271

バスに座れました。ここから山道を50分ほど。
Dsc01272

この一帯で一番太い木らしいです。
P4260062

バスの車窓より。
P4260088

P4260108

P4260133

室堂到着。
P4260170

すでに建物内には人がいっぱい。
Dsc01278

で、この時点で、8:30ぐらい。目当ての大谷ウォークは9:30からなので、それまで室堂を散策することにします。

建物の屋上から、バスが来た道路側を撮影。
P4260718

天気が良くて辺りは真っ白な雪なわけで、非常にまぶしい!まともに目が開けられない。

「目が、目がぁあ!」

サングラスクルマにはあるのに。持ってくればよかった。
サングラスかけている人も結構いて準備が良いですねぇ・・・。

でも大谷ウォーク行くぐらいの時には目が慣れちゃいました。人間の目ってすごい。
P4260732

P4260749

スキーの滑った跡がありますが、当然ながらリフトはないので自らの足で上って滑ってるわけです・・・。
P4260753

P4260756

P4260761

でみくりが池方面に歩いていくと。
道端で人だかりがあったので見てみると、雷鳥がいるらしく。

この写真の中にいます。実際に見ていると動いているので、なんかいるらしいのが分かったのですが、写真だと分かりにくいですよね。
P4260769

トリミング。中央に雷鳥がいます。
なるほどねぇ。こんな感じでいるということは中々見つけられないわけだ。
前回来た時も気が付かなかっただけで、注意深く探せばいたのかも。
P42607692

怖い看板シリーズ。
通路部分は綱が張ってあり、その中には入らないよう看板がありますが。
P4260786

単なる有毒ガス注意ではなく、雪の下に滞留しているかも、という看板。
ズボッと落ちたらそこは有毒ガスだったらかなりヤバい。
P4260788

P4260789

やっぱり空気が薄く、ここら辺まで歩いてくるのもハアハアゼエゼエ。お腹もへってきたので、みくりが池温泉の建物の脇のベンチがあるところで、残りのおにぎり2個を食べて休憩。
P4260815

地獄谷が見えます。前回来た時はすぐそばまで下りましたが、今時点では通行が制限されているようです。
P4260805

ちょっと怖い看板シリーズ。
さっきの看板に比べるとインパクトに欠けます。
P4260830

この辺一帯雪の色が違うのは、地獄谷から流れてくるガスのせい?P4260855

P4260860

P4260862

P4260866

P4260876

点々が見えますが、人なわけで、雪の斜面を登っているわけです。当然アイゼンとかつけているんでしょうけど。散策しているコースでも斜面になっているところでは、表面が緩んでいるので結構滑ります。
P4260881

なんか別なところでまた人だかりがあったので行ってみると。

なんと間近に雷鳥が。
P4260884

先に陣取っている人たちがいるため、すぐ近くまでは行けないので、写真をトリミング。
P4260889

こんな近くで撮れるのはラッキーなんでしょうねぇ。でも人が近づいても全然逃げる気配なく。

この場所を遠くからみるとこんな感じ。
P4260894

てな感じで、9時30分も過ぎましたので、大谷ウォークのほうに向かいます。
P4260897

P4260901

P4260916

P4260920

P4260922

P4260926

P4260930

最高地点15m。
P4260933

P4260935

P4260937

P4260940

てな感じで充分満喫できたので、早めに撤収します。

帰りのバス待ちの列に並び。11:20発。
定刻よりもやや早めに定員になったところで出発。
座れました。
Dsc01281

P4260174

美女平にてケーブルカー待ち。
Dsc01283

ホームに入りケーブルカー待ち。
座れました。
Dsc01285

駐車場に戻り、昼食を取りつつ、どこか温泉入りたいなぁと。

道の駅で温泉があるところを探すと。ちょっと離れていますが、道の駅「氷見」に温泉があるようなので、そこに向かいますか。

公式:氷見漁港場外市場 ひみ番屋街
北陸・道の駅【氷見】

途中のCOCO'Sにて昼食。2時ぐらいなのにメチャ混み。
昼食をとった後、自分の顔がやたら赤いのに気付く。
そりゃあれだけまぶしい状況だったら顔焼けますわなぁ。

で、道の駅「氷見」に到着し、まずは併設されている、氷見温泉郷 総湯にて入浴。

入浴後、道の駅駐車場より、総湯の外観。
P4260966

道の駅外観。
P4260967

怪物くんのラッピングバスが。
P4260968

どうもここは藤子不二雄Aさんの出身地らしく、藤子不二雄Aさんの作品とコラボしたまんがロードというのがあるらしい。

公式:藤子Ⓐワールド 忍者ハットリくんに逢える街 氷見市比美町商店街

P4260969

まあどうせ時間もあるし、散歩がてら行ってみますかと。
川沿いのこの黄色いラインに沿って行くと、まんがロードに行けます。
P4260973

まんがロード開始地点には。
P4260975

ドーン。

P4260977

ハットリ君関連キャラが多めです。
P4260979

P4260980_2

P4260981

P4260982

で、ここがからくり時計らしいですが、1時間に1回動くらしいので、あと30分ぐらい待たないといけない。

う~む。

30分待つ気はないかも・・・。

P4260983

P4260984

撤収しつつ撮影。
P4260985

P4260986

P4260987

もう17時過ぎてるので、まんが展も閉まっちゃってます。
P4260988

P4260989

P4260990

P4260991

てな感じで、やりたいことはわかりますが、以前行った水木しげるロードと比べちゃうと物足りなさを感じてしまうわけでした。

再び道の駅に戻り、車中泊する場所へ移動します。
P4260992

高岡ICより能越自動車道→北陸自動車道→東海北陸自動車道。

宿泊場所は、次の目的地に近いPAまたはSAということで、東海北陸自動車道の城端SAにしました。

コンビニがあるので、カルボナーラを食し、頭痛がするので頭痛薬を飲んで早めに就寝。

二日目のGPSロガーの軌跡はこんな感じ。
Photo_2

第二日目はこれにて終了。第三日目へつづく・・・。

2014.5.18追記:
GPSロガーでデータ取ってたんですが、Win8.1に表示ソフトインストするのに手間取ってました。表示できるようになり、軌跡を追加。

自ブログ関連記事
フィットシャトル車中泊準備①(2013.8.15)

滋賀巡礼の旅②(2011.8.16)
滋賀巡礼の旅①(2011.8.15)

車載動画撮影 考察と実践(2011.1.22)

立山黒部アルペンルート(2010.8.9)

北関東自動車道が2011年ゴールデンウィーク前に全線開通(2010.5.25)

ストリーム車中泊用ベッド作成その3(2010.8.1)

山陰車中泊の旅③(2010.5.4)
山陰車中泊の旅②(2010.5.3)
山陰車中泊の旅①(2010.5.2)

レーダー探知機データダウンロードその2(2010.4.26)
GPSユニット「GT-730F/L」のテスト(2010.2.23)
GPSデータロガーでクルマの軌跡を記録しよう(2010.2.19)

世界遺産車中泊の旅④(2009.5.6)
世界遺産車中泊の旅③(2009.5.5)
世界遺産車中泊の旅②(2009.5.4)
世界遺産車中泊の旅①(2009.5.3)

ストリーム車中泊用ベッド作成その2(2008.12.22)
山梨リベンジ編(2008.12.21)

ストリーム車中泊用ベッド作成その1(2008.5.25)
車中泊関連本(2008.5.5)

長野車中泊小旅行(2008.3.31)

ストリーム車中泊考察(2007.8.19)

北海道車中泊の旅④(2007.8.18)
北海道車中泊の旅③(2007.8.17)
北海道車中泊の旅②(2007.8.16)
北海道車中泊の旅①(2007.8.15)
夏休み準備(2007.8.7)

車中泊の考察(2006.9.9)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

NHK時計


  • ※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

カテゴリ