他のアカウント

Twitter
2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

広告




相互リンク

無料ブログはココログ

« 桜@小峰城&南湖 | トップページ | 立山~白川郷 車中泊の旅② »

2014年5月 3日 (土)

立山~白川郷 車中泊の旅①

今年は細切れGWなわけで、私の会社もカレンダー通りなわけですが、4月28日は休みを取ることにして前半も4連休。

4日間丸々使うかは別として、まあどっか行きたいなぁと。

久々車中泊での旅をしてみますか。フィットシャトルでの車中泊もまだしたことないし。
振り返ってみると2011年以来車中泊していないことが発覚!

で、行先はこの時期割と行き慣れた北陸方面から攻めます。

デジカメは新定番OLYMPUS E-M1 + MMF-3 + 12-60mm。
サブはE-PM1 + 17mmF2.8。
予備はSONY DSC-HX5VとOLYMPUS μ4/3レンズの14-42mm、4/3レンズの50-200mmSWD。

第一日目。4月25日(金)
出勤日なので、定時まで仕事をして帰宅。
夕食&出発の準備をして、20:00頃自宅を出発。

東北道~磐越道~北陸道。
米山SAにて給油。

通常車中泊はSAよりもPAを選びますが、目的地になるべく近い有磯海SAにて車中泊することにしました。

フィットシャトルは窓の目隠しは以前作ってあるわけです。
カーゴルームはフラットなので、車中泊用ベッドは作成不要と判断し作っていません。
寝袋に入り、AM1:30頃就寝。

一日目のGPSロガー軌跡はこんな感じ。
Photo

第二日目。4月26日(土)
AM5:30ごろ起床。
カーゴルームに寝袋だけで全然問題ないですね。
家からおにぎり4個持ってきていて、朝食は2個食べて。
P4260047

いつもの如く朝日を撮影するわけです。
P4260048

P4260703

P4260705

で、やっぱ朝日夕日は望遠で撮りたい。50-200mmSWDもそれを予測して持ってきているわけで。
P4260709

で、朝日を撮り終わったら移動。

どこに行くかというと、立山・雪の大谷ウォークに行きます。
公式ホームページ:立山黒部アルペンルート

2010年に黒部側から室堂に行っているわけですが、今回は、立山側から行きます。

立山駅の駐車場には6:30過ぎに到着したわけですが駐車場はほぼ一杯。
ホントはもうちょい遅くてもいいかと思ってたんですが、せっかく早起きしていながら、遅く出発してクルマ止めるのに困るのは嫌なので早めに出て正解でした。

P4260049

P4260050

Dsc01245

Dsc01247

駅周辺にも雪が残っています。
Dsc01250

立山駅。
Dsc01252

室堂まで往復で買いました。4310円。
Dsc01254

7:30発のケーブルカーに乗ります。10分おきに出ているようです。
Dsc01260

ホームにてケーブルカー待ち。スキーなどの荷物がない個人客だったので先頭に並びました。
Dsc01262

ケーブルカーが来ました。
Dsc01265

上側が客車で、下側が荷物を載せる貨車になります。
座れました。
Dsc01267

で、ケーブルカーが所要時間7分ぐらい。美女平に到着したら即、室堂行きの改札に並びます。
Dsc01271

バスに座れました。ここから山道を50分ほど。
Dsc01272

この一帯で一番太い木らしいです。
P4260062

バスの車窓より。
P4260088

P4260108

P4260133

室堂到着。
P4260170

すでに建物内には人がいっぱい。
Dsc01278

で、この時点で、8:30ぐらい。目当ての大谷ウォークは9:30からなので、それまで室堂を散策することにします。

建物の屋上から、バスが来た道路側を撮影。
P4260718

天気が良くて辺りは真っ白な雪なわけで、非常にまぶしい!まともに目が開けられない。

「目が、目がぁあ!」

サングラスクルマにはあるのに。持ってくればよかった。
サングラスかけている人も結構いて準備が良いですねぇ・・・。

でも大谷ウォーク行くぐらいの時には目が慣れちゃいました。人間の目ってすごい。
P4260732

P4260749

スキーの滑った跡がありますが、当然ながらリフトはないので自らの足で上って滑ってるわけです・・・。
P4260753

P4260756

P4260761

でみくりが池方面に歩いていくと。
道端で人だかりがあったので見てみると、雷鳥がいるらしく。

この写真の中にいます。実際に見ていると動いているので、なんかいるらしいのが分かったのですが、写真だと分かりにくいですよね。
P4260769

トリミング。中央に雷鳥がいます。
なるほどねぇ。こんな感じでいるということは中々見つけられないわけだ。
前回来た時も気が付かなかっただけで、注意深く探せばいたのかも。
P42607692

怖い看板シリーズ。
通路部分は綱が張ってあり、その中には入らないよう看板がありますが。
P4260786

単なる有毒ガス注意ではなく、雪の下に滞留しているかも、という看板。
ズボッと落ちたらそこは有毒ガスだったらかなりヤバい。
P4260788

P4260789

やっぱり空気が薄く、ここら辺まで歩いてくるのもハアハアゼエゼエ。お腹もへってきたので、みくりが池温泉の建物の脇のベンチがあるところで、残りのおにぎり2個を食べて休憩。
P4260815

地獄谷が見えます。前回来た時はすぐそばまで下りましたが、今時点では通行が制限されているようです。
P4260805

ちょっと怖い看板シリーズ。
さっきの看板に比べるとインパクトに欠けます。
P4260830

この辺一帯雪の色が違うのは、地獄谷から流れてくるガスのせい?P4260855

P4260860

P4260862

P4260866

P4260876

点々が見えますが、人なわけで、雪の斜面を登っているわけです。当然アイゼンとかつけているんでしょうけど。散策しているコースでも斜面になっているところでは、表面が緩んでいるので結構滑ります。
P4260881

なんか別なところでまた人だかりがあったので行ってみると。

なんと間近に雷鳥が。
P4260884

先に陣取っている人たちがいるため、すぐ近くまでは行けないので、写真をトリミング。
P4260889

こんな近くで撮れるのはラッキーなんでしょうねぇ。でも人が近づいても全然逃げる気配なく。

この場所を遠くからみるとこんな感じ。
P4260894

てな感じで、9時30分も過ぎましたので、大谷ウォークのほうに向かいます。
P4260897

P4260901

P4260916

P4260920

P4260922

P4260926

P4260930

最高地点15m。
P4260933

P4260935

P4260937

P4260940

てな感じで充分満喫できたので、早めに撤収します。

帰りのバス待ちの列に並び。11:20発。
定刻よりもやや早めに定員になったところで出発。
座れました。
Dsc01281

P4260174

美女平にてケーブルカー待ち。
Dsc01283

ホームに入りケーブルカー待ち。
座れました。
Dsc01285

駐車場に戻り、昼食を取りつつ、どこか温泉入りたいなぁと。

道の駅で温泉があるところを探すと。ちょっと離れていますが、道の駅「氷見」に温泉があるようなので、そこに向かいますか。

公式:氷見漁港場外市場 ひみ番屋街
北陸・道の駅【氷見】

途中のCOCO'Sにて昼食。2時ぐらいなのにメチャ混み。
昼食をとった後、自分の顔がやたら赤いのに気付く。
そりゃあれだけまぶしい状況だったら顔焼けますわなぁ。

で、道の駅「氷見」に到着し、まずは併設されている、氷見温泉郷 総湯にて入浴。

入浴後、道の駅駐車場より、総湯の外観。
P4260966

道の駅外観。
P4260967

怪物くんのラッピングバスが。
P4260968

どうもここは藤子不二雄Aさんの出身地らしく、藤子不二雄Aさんの作品とコラボしたまんがロードというのがあるらしい。

公式:藤子Ⓐワールド 忍者ハットリくんに逢える街 氷見市比美町商店街

P4260969

まあどうせ時間もあるし、散歩がてら行ってみますかと。
川沿いのこの黄色いラインに沿って行くと、まんがロードに行けます。
P4260973

まんがロード開始地点には。
P4260975

ドーン。

P4260977

ハットリ君関連キャラが多めです。
P4260979

P4260980_2

P4260981

P4260982

で、ここがからくり時計らしいですが、1時間に1回動くらしいので、あと30分ぐらい待たないといけない。

う~む。

30分待つ気はないかも・・・。

P4260983

P4260984

撤収しつつ撮影。
P4260985

P4260986

P4260987

もう17時過ぎてるので、まんが展も閉まっちゃってます。
P4260988

P4260989

P4260990

P4260991

てな感じで、やりたいことはわかりますが、以前行った水木しげるロードと比べちゃうと物足りなさを感じてしまうわけでした。

再び道の駅に戻り、車中泊する場所へ移動します。
P4260992

高岡ICより能越自動車道→北陸自動車道→東海北陸自動車道。

宿泊場所は、次の目的地に近いPAまたはSAということで、東海北陸自動車道の城端SAにしました。

コンビニがあるので、カルボナーラを食し、頭痛がするので頭痛薬を飲んで早めに就寝。

二日目のGPSロガーの軌跡はこんな感じ。
Photo_2

第二日目はこれにて終了。第三日目へつづく・・・。

2014.5.18追記:
GPSロガーでデータ取ってたんですが、Win8.1に表示ソフトインストするのに手間取ってました。表示できるようになり、軌跡を追加。

自ブログ関連記事
フィットシャトル車中泊準備①(2013.8.15)

滋賀巡礼の旅②(2011.8.16)
滋賀巡礼の旅①(2011.8.15)

車載動画撮影 考察と実践(2011.1.22)

立山黒部アルペンルート(2010.8.9)

北関東自動車道が2011年ゴールデンウィーク前に全線開通(2010.5.25)

ストリーム車中泊用ベッド作成その3(2010.8.1)

山陰車中泊の旅③(2010.5.4)
山陰車中泊の旅②(2010.5.3)
山陰車中泊の旅①(2010.5.2)

レーダー探知機データダウンロードその2(2010.4.26)
GPSユニット「GT-730F/L」のテスト(2010.2.23)
GPSデータロガーでクルマの軌跡を記録しよう(2010.2.19)

世界遺産車中泊の旅④(2009.5.6)
世界遺産車中泊の旅③(2009.5.5)
世界遺産車中泊の旅②(2009.5.4)
世界遺産車中泊の旅①(2009.5.3)

ストリーム車中泊用ベッド作成その2(2008.12.22)
山梨リベンジ編(2008.12.21)

ストリーム車中泊用ベッド作成その1(2008.5.25)
車中泊関連本(2008.5.5)

長野車中泊小旅行(2008.3.31)

ストリーム車中泊考察(2007.8.19)

北海道車中泊の旅④(2007.8.18)
北海道車中泊の旅③(2007.8.17)
北海道車中泊の旅②(2007.8.16)
北海道車中泊の旅①(2007.8.15)
夏休み準備(2007.8.7)

車中泊の考察(2006.9.9)

« 桜@小峰城&南湖 | トップページ | 立山~白川郷 車中泊の旅② »

<朝日/夕日>」カテゴリの記事

[車中泊/旅]」カテゴリの記事

旅行・ドライブ」カテゴリの記事

コメント

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171399/59559817

この記事へのトラックバック一覧です: 立山~白川郷 車中泊の旅①:

« 桜@小峰城&南湖 | トップページ | 立山~白川郷 車中泊の旅② »

NHK時計


  • ※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

カテゴリ