他のアカウント

Twitter
2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

広告




相互リンク

無料ブログはココログ

« 2014年8月 | トップページ | 2016年12月 »

2015年10月

2015年10月22日 (木)

オリオン座流星群撮影できるか?

めちゃ久しぶりです。
写真はいろいろ撮っていますがブログ書いてないですねぇ・・・。

世間ではオリオン座流星群の話題が多いわけです。

以前から星の写真は撮ってみたいと思っていたわけですが、最近自宅周辺は、街灯など増えて星が見にくくなっているのは感じており。

E-M1にはverUPにより、ライブコンポジットも装備されたので、星空撮りやすいらしいですが。

10月21日は流星が最大になり、天気も良いらしいので、撮影できるかこの際試してみますかぁ?

使用した機材:
デジカメ:OLYMPUS OM-D E-M1(ver.3.0)
レンズ:フィッシュアイ ボディーキャップレンズ BCL-0980
リモートケーブル RM-UC1
三脚

星空を撮るには明るい広角レンズが良いんでしょうが、持ってるレンズの中で一番広角なのは、BCL-0980(9mm:35mm換算18mm)なわけです。

ただ暗い(F8)ので、星撮れるのかな?とやや不安。
無限遠合わせるのはレバーだけなので楽です。

撮影時の設定は雑誌等を参考にしてとりあえず以下に設定。
ISO:1600
WB:電球(青っぽくなりきれいです)
撮影モード:M(マニュアル)にして、撮影時間をLIVECOMPに設定。
MENUからコンポジット撮影設定30秒に設定。

ライブコンポジットだと、液晶画面に刻々と結果が反映されていくので、好きなところで止めればOKと。

撮影を開始したのは10月21日24:00過ぎから。

様子を見ながら1時間撮影。
Pa22000202

ふむふむ。
周辺結構明るいのですが、意外にきれいに撮れますねぇ。
ライブコンポジット(比較明合成)以前はソフトウェアでやったことありますが、今やカメラの中でできちゃいます。
オリオン座周辺を狙っているのがわかりますかねぇ。(中央左下ぐらいがオリオン座)

でも流星は写っていない。周辺が明るいせいで流星が見えないからなのか、撮影条件自体がダメなのか?目視でずっと見ていたわけではないですが、目視での流星確認もできず。

流星自体は難しそうなので、以前から気になっていた、自宅2階ベランダから北極星は見えるのか?

北の空に向けて、撮影(30分)。
Pa220003

おおぅ。中心にあるのが所謂北極星ですかね。

北極星が見えるということは、それなりに機材があれば、やれることが増えるというわけです。

気が向けば何かやるかも?

流星は撮れなかったけど、いろいろとわかりました。

自ブログ関連記事
金環日食に向けて テストその②(2012.5.13)
金環日食に向けて テストその①(2012.5.12)
スーパームーンとか。(2012.5.6)
皆既月食(2011.12.11)
夜の月(2007.10.21)
昼間の月(2007.10.21)
中秋の名月(2007.9.25)

« 2014年8月 | トップページ | 2016年12月 »

NHK時計


  • ※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

カテゴリ